ラメズの製造会社

カプセルと葉

抗てんかん薬の中の1つにラメズがあります。
ラメズはジェネリック医薬品となっており、先発医薬品と同様にその成分にはタモトリギンが使用されています。
効能には先発医薬品と同等の効果があり、また、ジェネリックであるために安い費用で購入することができ、費用的な負担を減らすことができます。

ラメズの製造は、インドに本社を置く大手製薬会社で行われており、その企業とはインタス社です。
インタス社は、事業内容に医薬品の研究や開発、製造販売を掲げ2006年に設立がされています。
事業規模としては、インド国内においては、5%以上のシェアを持っており、企業の位置づけとしても国内第4位となっています。
事業展開は積極的に行なわれ、ここでは、製造施設への戦略的な投資から始まり、これらの施設はFDAなどの国際的な機関からも承認を受けています。

また、インタス社では幅広く医薬品を取り扱っており、その内容としては、主に、腎臓や消化器、また、泌尿器、整形外科や心臓病、そして糖尿病などとなっています。
インタス社が提供をするラメズには25mg、50mg、100mgの3タイプがありますが、てんかんの中でも、特に部分発作に対して高い効果がある製品となっています。
そして、他の抗てんかん薬と併用をすることによって更にてんかんの予防する効果が期待できるようになっています。

使用方法としては、まず最初は1日1回25mgを2週間服用をし、症状が改善されない場合には、少しづつ服用量を増やしていくようにします。
注意する内容としては、増量を行なう場合には1週間以上の間隔を空けることが必要となり、また、1日の最大量は400mgとなっているために使用量を厳守することがあります。
また、ラメズは厚労省からの許認可は受けておらず、もし、不安を覚えるよる場合には無理をしての購入は避け、購入を行なう場合にも医師への相談をすることが必要になります。

関連記事
人気記事一覧