更新履歴
黄色と茶色のカプセル

ラメズとは、ラモトリギンと呼ばれる成分を含んだラミクタールのジェネリック医薬品です。
日本では先発医薬品が2008年より販売されていて、比較的新しい薬となります。

基本的には医師による処方箋が必要な薬ですが、現在は個人輸入代行の通販サイトがありますので処方箋が無くても購入が可能です。
購入の際は、下記のような口コミが多く信頼性の高い個人輸入代行サイトを利用することをお勧めします。

【ラミクタールのジェネリックを販売中のサイト】

ラメズの主な効果は、気分障害の中の躁うつ病(双極性障害)の気分安定剤としての効果と、てんかんによるけいれん発作の抑制効果があります。

ラメズでは、ナトリウムチャネルを抑制することで、神経膜が安定します。
それに伴い、グルタミンなどを代表とした興奮時の神経伝達物質が遊離しなくなるので、けいれん発作を起こさなくなる、つまり抗けいれん作用を示すとされています。
この抗けいれん作用ですが、他の薬剤よりも強く出現されているとされていて、多くの疾患に対して効果があるとされています。
気分障害に対する気分安定剤としての機序は明らかになっていない薬でもあります。
そのようなラメズは抗てんかん薬の中でも、全般性の発作と部分発作のどちらにも効果があります。

特に小児てんかんとして非常に治療が難しいレノックス・ガストー症候群に対しての適応があるとされています。
このタイプのてんかんでは、強直性のけいれんや、非定型のあくび発作などのてんかん発作だけでなく睡眠時の律動が速くなるケースや特徴的な脳波が見られます。
その中でも、特にけいれんに対して強い効果を発揮するのがラメズとなります。

なお、ラメズは重篤な副作用としてSJS症候群に移行する危険性がある皮膚障害やショック症状が見られるケースが有ります。
また、悪心や眠気等の症状が起こるので、安易な使用は厳禁と言えます。
医師の診断、処方を受けてから服用する事をお薦めします。

記事一覧

うつの種類症状によっても、処方される医薬品は異なります。 うつに限らず、病気の種類症状を、病院で診察...

MRIやCTなどの検査を受けた時に、偶然脳梗塞が発見されるのが無症候性脳梗塞です。 無症候性脳梗塞は...

小児てんかんでは全般発作が起こりやすいといえます。 大人のてんかんの場合、脳出血や脳梗塞、自己が原因...

心配してる男性

てんかんは過去には「狐憑き」などとして、偏見の対象になったこともありました。 現在では脳神経の病気で...

落ち込む男

てんかんは、小児から大人まで様々な人にとって大きな問題となります。 てんかん症状として有名なものに意...

カプセルと葉

抗てんかん薬の中の1つにラメズがあります。 ラメズはジェネリック医薬品となっており、先発医薬品と同様...

頭が痛い女性

ラメズとは、「ラミクタール」という薬のジェネリック医薬品です。 ジェネリック医薬品は、正規の医薬品と...